SEO関連の設定がテーマ内でできるようになりました

「プラグインで管理している人の方が多いだろうし、別に必要ないかな〜」と、実装を見送っていたんですが、最近のアップデートでプラグインなしでSEO関連の設定ができるようになりました。

通常は、

  • All in One SEO Pack
  • Yoast SEO

などのプラグインをインストールして管理しますが、これらのプラグインがなくても特段問題ありません。

主要機能

デフォルトでは下記の機能が有効になっています。

  • OGP設定(Twitter・Facebookへの拡散を最適化)
  • トップページのメタキーワード・メタディスクリプションの設定
  • 記事単位のメタキーワード・メタディスクリプションの設定
  • 記事単位でのnoindex・nofollow設定

また、別記事にもまとめましたが、Googleアナリティクスの設定もできます。

簡単に機能をオフに

ちなみに、

  • 現在プラグインで管理している
  • これからプラグインをインストールしようと思っている

という場合はオフにすることもできます。

オフにする場合はすべてのチェックを外すだけです。

記事単位でのSEO設定

デフォルトでは、投稿の編集画面にこのような設定項目がありますが、入力が面倒であれば、すべて無視してもOKです。

ページの説明(ディスクリプション)も入力がない場合、先頭の文字が自動で挿入されますので。

 

また、この設定はOGPにも使われるので、ソーシャルメディア用にもう一度入力する必要はありません。自動で最適化されます。

その他のSEO対策

  • デフォルトでcanonical(カノニカル)タグを挿入
  • Schema.orgマークアップ
  • すべてのページのページネーションを最適化

など。

カテゴリー4536マニュアル

5/31までドメイン無料!10日間の無料お試しもあり!

ドメインの取得は定番のお名前ドットコムで

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WordPressテーマ「4536」の開発者で同名公式サイトの運営者。