目次はテーマで設定可能。プラグインは不要です

嬉しいことに、2.0.0のフルリニューアルをきっかけに4536のダウンロードペースが明らかに上がりました。

そに伴い、4536で運営しているサイトを見かけることが以前よりも多くなってきたんですが、中には「その機能、4536にあります!」という機能をプラグイン?で代用しているケースもあってですね、特に「目次」が気になりました。

4536では以前から目次機能を用意しており、外観→カスタマイズの画面で設定できます。

目次の設定画面

目次の設定画面。必要な機能はすべて用意しております。

Table of Contents(TOC)という有名なプラグインもありますが、同等の機能を用意しているため不要だと思います。

あと、テーマ側で生成する目次に関してはテーマカラーと連動するようになっているので、多分テーマの機能を使った方がデザイン的にも良いかと思います。

目次のサンプル
4536のテーマで生成した目次

また、記事毎に目次を非表示にすることも可能です。

強いて言うなら、機能美の観点から表示・非表示のボタンをあえて実装していないので、気になる方は気になるかもしれません。

(ちなみに、目次の開閉ボタンは本当に不要だと思ってます。。)

ぜひご活用ください。

スポンサーリンク

カテゴリー:4536マニュアル

シェフ

WordPressテーマ「4536」の開発者。ご要望やご質問があればコメントやフォーラムまでどうぞ。