4536の初期設定と他テーマから切り替えるときの注意点

WordPressテーマ「4536」でサイト運営をする時の初期設定の流れと注意点です。

独自ドメインとサーバー契約

アメブロやwixなどと違い、WordPressは基本的に「独自ドメイン」と「サーバー」を自分で用意する必要があります。

当然お金はかかりますが、ロリポップなどの格安レンタルサーバーであれば、ドメイン代を含めて年間3500円〜4000円の費用です。「月額」ではなく、「年額」です。

契約方法などは割愛しますが、各会社の案内に従えば割りと簡単に契約できます。

WordPressを自動でインストールしてくれる機能があるサーバーもあります。

インストールと有効化方法

ダウンロードページから4536の最新バージョンをダウンロードします。

Windowsだと圧縮ファイルがダウンロードされますが、Macだとダウンロード時に解凍されるので、ダウンロード後に圧縮する必要があります。

  1. ファイル(4536)を右クリック
  2. 「〇〇を圧縮」をクリック

で圧縮されます。圧縮後、管理画面内の「外観」→「テーマ」と進み、「新規追加」をクリック。

initial-setting-1

 

「テーマのアップロード」をクリック。

initial-setting-2

 

「ファイルを選択」をクリック。

initial-setting-3

 

先程ダウンロード(圧縮)したファイルを選択。

initial-setting-4

 

「今すぐインストール」をクリック。

initial-setting-5

 

「有効化」をクリック。これでインストールと有効化は完了です。

initial-setting-6

 

本当に0から運営する場合、このような画面から始まります。

すでにWordPressでサイト運営している方は、投稿記事が表示されます。

「プロフィール」で必要な情報を入力

テーマの有効化が終わったら、管理画面で必要な情報を入力しましょう。

管理画面内「ユーザー」の中にある「あなたのプロフィール」をクリック。

initial-setting-8

 

ログインした状態でサイトを見ると、上にツールバーが表示されるので、気になる方は「サイトを見る時にツールバーを表示する」のチェックを外してください。

initial-setting-9

 

  1. 自分のドメイン(http/httpsなし)
  2. SoundCloudのID
  3. SpotifyのID
  4. TwitterのID
  5. Facebookのユーザーネーム(ユニークURL)

をそれぞれ入力します。

initial-setting-10

 

入力しなくても問題はありませんが、自分の作品を知ってもらうチャンスが増えるので、入力することをおすすめします。

ドメイン名の入力は問題ないと思いますので、他の項目のIDの調べ方をそれぞれご紹介します。

追記:Google+、Instagramのフォローボタンも追加しました。

SoundCloudのIDの調べ方

SoundCloudのマイページにアクセスし、「Profile」をクリック。soundcloud.com/以降の文字列がIDです。

initial-setting-11

SpotifyのIDの調べ方

Spotifyで自分の曲を配信していなくても、Spotifyに登録することでIDは取得できます。いくつかIDを調べる方法はありますが、アプリから調べる方法が1番簡単です。

「My Music」タブの画面左上をタップ。

initial-setting-12

 

「友達を探す」の上にある文字列がIDです。

initial-setting-13

TwitterのIDの調べ方

ツイッターのマイページにアクセス。@以降の文字列がIDです。@を入力する必要はありません

initial-setting-14

Facebookのユーザーネームの調べ方

自分のFacebookのホーム画面にアクセス。「https://www.facebook.com/〇〇」の〇〇の部分が、ユーザーネームです。

initial-setting-15

もちろん、FacebookページもOKです。

Google+のIDの調べ方

Google+のマイページにアクセス。「https://plus.google.com/〇〇」の〇〇の部分がIDです。

InstagramのIDの調べ方

自分のInstagramにアクセス。「https://www.instagram.com/〇〇」の〇〇の部分がIDです。

ウィジェットの設定

デフォルトの状態では「ウィジェット」が勝手に追加されているので、必要ないウィジェットはすべて削除してください。(これはWordPressの仕様です)

また、他テーマから切り替えた場合、設定してあるウィジェットがすべて「使用停止中のウィジェット」の部分に移動しているので、適宜設定し直す必要があります。

とはいえ、ドラッグアンドドロップで簡単に設定できるので、それほど手間はかかりません。

ウィジェットにGoogleアドセンス広告を追加する時の注意点

4536は、ウィジェットで簡単にGoogleアドセンス広告を追加できますが、必要以上に追加するとペナルティを受ける可能性があります。

ただ、実験もかねて当サイトでもGoogleアドセンス広告を掲載しているんですが、それほど神経質になる必要もないのかなと思っています。

というのも、コンテンツがまったくない状態の時から下記の位置にGoogleアドセンス広告を掲載していますが、ペナルティを受けていないからです。

  1. 記事上
  2. 記事下
  3. 記事下(パソコン表示時のみ)
  4. サイドバー

ここら辺に関しては、「こうすれば大丈夫」というガイドラインがないので、あくまでご参考までに。

心配な方は無難に2〜3つでやめておきましょう。

ただ、一つだけ注意点があります。スライドメニューにはGoogleアドセンス広告を追加しないでください

ボタンをクリックしないと表示されない部分なので、記憶が正しければ「規約上NG」なはずです。

パーマリンクの設定

これは絶対やらなければいけないことではありませんが、パーマリンクは早めに設定した方が良いです。

「設定」→「パーマリンク設定」と進むと、任意の形に設定できます。おすすめは「/%postname%/」です。

基本的に後から変更するものではないので、ご注意ください。

サイトデザインや設定の変更

初期設定が落ち着いたら、管理画面内の外観→カスタマイズと進み、サイトのデザインや設定を変更してみましょう。

  • 横幅の変更
  • 色の変更
  • Googleアナリティクスの設定

など、プログラミングのことが一切わからなくても柔軟にカスタマイズできます。

ご質問はフォーラムにてお気軽にどうぞ

今回ご紹介したのが必要最低限の初期設定方法です。

必要な情報は随時更新していきますが、この記事の内容で不明な点があればフォーラムにてお気軽にご質問ください。

カテゴリー 4536マニュアル

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

Pickup