4536子テーマのインストールから使い方・カスタマイズ方法まで

WordPressでサイト運営をしていると、色々とカスタマイズをしたくなると思います。

  • 見出しデザインの変更
  • 文字の大きさの変更
  • 便利な機能の追加

など。

ただ、直接テーマ(親テーマ)に手を加えると、予期せぬトラブルに見舞われることがあります。

そして、僕が親テーマである「4536」のメジャーアップデートを実施した場合、これまでカスタマイズしたものも「0」になってしまいます。

「子テーマ」を使えば安全にカスタマイズすることができる

しかし、「子テーマ」でカスタマイズをすると、そういったリスクを避けることができます。

(用意しているのは「4536-child」という子テーマです)

詳細は割愛しますが、カスタマイズをする場合は、「親テーマではなく子テーマに手を加える」とご認識ください。

では、インストール方法やカスタマイズ方法などを順番にご紹介します。

子テーマ「4536-child」のインストール方法

まず、子テーマを使う上で欠かせないのが「親テーマ」です。

子テーマ単独で使うことはできないので、忘れずに親テーマもインストールしてください。

さて、肝心の「子テーマのインストール方法」ですが、親テーマのインストール方法とまったく同じです。

  1. ファイルをダウンロード
  2. (Macの場合は圧縮)
  3. 有効化

だけでOKです。親テーマ「4536」がインストールされていると、その内容を子テーマが引き継ぎます。

子テーマ「4536-child」をインストールした直後は、外見も中身(機能)も親テーマ「4536」をインストールした状態とまったく同じです。

変化が起こるのは、その子テーマに何かしらのカスタマイズをした後。

子テーマでは主に2つのカスタマイズが可能です。

  1. デザイン(style.css)
  2. 機能(functions.php)

デザインの修正(style.css)

デザインを変更する時は、「style.css」にコードを追加します。

(※最初からあるコードは削除しないでください)

child-theme-css-1

 

「見出し2」のフォントサイズ(文字の大きさ)を変更する場合は、こんな感じ。

child-theme-css-2

 

▼これはコードを追加する前の文字の大きさですが、

child-theme-css-3

 

▼先程のコードを追加すると、このように文字が大きくなります。

child-theme-css-4

 

例として、見出しの変更方法をご紹介しましたが、

  • 背景に画像を表示させたり
  • 全体の文字の色を変えたり
  • 文字を揺らしたり

することもできるので、自分だけのデザインを適用してみてはいかがでしょうか?

「追加CSS」でもカスタマイズが可能

ちなみに、外観→カスタマイズ→追加CSSの画面でも同じことができます。

追加したCSSが実際の画面にすぐに反映されて直感的なので、子テーマでのカスタマイズよりも簡単かもしれません。

また、追加CSSの機能を使うことにより、子テーマのインストールが不要になります。

関数の追加(functions.php)

デザインの変更ほどニーズはないと思いますが、

  • 特定のプラグインの機能を追加
  • 外部関数の追加

などの場合は、「functions.php」にコードを追加します。

child-theme-functions-1

 

必要だと思う機能や、プラグインを使うまでもない機能などは随時追加していきますが、4536にはない機能を追加したい場合はここにコードを追加してみてください。

親テーマである「4536」にも便利なコードをたくさん記述しているので、コードを追加する場合は一度確認していただければと思います。

また、セミコロンがないとか、カンマがないとか、そのような些細なことで画面が真っ白になるので、カスタマイズする時はバックアップをお忘れなく。

カテゴリー4536マニュアル

5/31までドメイン無料!10日間の無料お試しもあり!

ドメインの取得は定番のお名前ドットコムで

この記事が良かったらいいね!最新情報が届きます!

この記事を書いた人 :

WordPressテーマ「4536」の開発者で同名公式サイトの運営者。