4536ver1.0.0(20190116)公開。ウィジェットの仕様変更など

4536のバージョンを1.0.0(20190116)にアップデートしました。

更新画面では20190116と表示されますが、管理環境をGitHubに移行した影響で内部のバージョンは「1.0.0」になります。

※更新したのに更新通知が届く場合がありますが、少し待つと消えるので放置してください。

主な変更内容は以下の通りです。

  • ウィジェットの仕様を変更(完全レスポンシブ化)
  • 広告用ウィジェットアイテムを新規追加(ダブルレクタングル対応)
  • アイコンフォント「FontAwesome」を最新バージョンの5.6.3にアップデート
  • デフォルトフォントを変更
  • PC表示時のサイドバーの横幅を320px(余白含む)に変更
  • 記事上、記事下のテキストリンクでのピックアップ表示を廃止
  • オリジナルブログカードのタグを一部修正(Gutenberg対策)
  • 記事を書く時のエディター(Gutenberg)のツールバーにカスタマイズ項目を追加
  • 4536設定に「マニュアル」を追加
  • パンくずリストの「ホーム」のアイコンを削除
  • フッター付近で読み込んでいたスタイルシートの読み込みを最適化

ウィジェットの仕様変更について

アナウンスしていたように、今回のバージョンでウィジェットの仕様を変更し完全レスポンシブデザインに移行しました。

これまでパソコン用とスマホ用のウィジェットがありましたが、今回のバージョンから共通になります。

どうしてもパソコンとスマホで表示を切り替えたい場合は、ウィジェットアイテムの「設定」ボタンをクリックして、表示を切り替えてください。

※使い方などはこちらの記事をご覧ください。

ただ、デバイス毎に表示を切り替える場合はレスポンシブデザインではあるものの「動的配信」になる(HTML構造が変わる)ので、極力使わないことをおすすめします。

バナー広告用のウィジェットアイテムについて

ウィジェットの仕様変更で1番困るのがパソコン表示時にダブルレクタングル(横並び)にできないことだと思うので、専用のウィジェットアイテムを用意しました。

「バナー広告用」を追加

パフォーマンス的には1つの広告をパソコンとスマホで使うのが良いですが、ダブルレクタングルのニーズもまだまだあると思うのでご活用ください。

エディターのカスタマイズ項目について

現状のエディター(Gutenberg)はブロック単位でのカスタマイズがメインですが、ブロックのある部分だけカスタマイズしたい場合も多々あると思うので、以下の機能を追加しました。

  • 赤文字にする
  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする
  • 文字に下線を引く
スポンサーリンク

カテゴリー:テーマ更新情報

シェフ

WordPressテーマ「4536」の開発者。ご要望やご質問があればコメントやフォーラムまでどうぞ。