4536ver20181225公開。Pure JS実装や一覧デザインの変更など

4536のバージョンを20181225にアップデートしました。

主な変更内容は以下の通りです。

  • 一部SNSボタンのデザイン崩れを修正
  • アイコンフォント「Font Awesome」を最新バージョンの「5」にアップデート
  • アイコンフォントをCSSメインからHTMLメインに変更(CSSの軽量化)
  • アイコンフォント「ICOMOON」関連のコードを削除(使用しません)
  • 横スクロールの軽度な不具合修正
  • 検索ページにデフォルトで表示していた検索ボックスを削除
  • 画像上のカテゴリー表示をデフォルト化(すべてのデザインでこの表示です)
  • 一覧記事の「2列」表示をPCのみに変更
  • 一覧記事の「カード型」表示を削除
  • 関連記事の表示数を指定できるように(非表示にする場合は0を入力するか空白にする)
  • ヘッダーメニューとヘッダーナビの仕様を大幅に変更
  • 固定フッターの仕様を変更(再設定が必要です)
  • JavaScript部分をjQueryなしで実装(Pure JS)
  • jQueryライブラリの読み込みオプションを追加(4536設定で読み込まないようにできます)
  • AMPページにも通常ページと同じようにメディアコンテンツ(音楽や動画など)を表示
  • スマホ画面の時の左右スクロールボタンを非表示に(PCページでのみ表示)
  • PC表示時の固定サイドバーメニューをCSSで実装(インターネットエクスプローラーは対応外です。ご要望あれば教えてください)
  • PC表示時のフォローボックス(Twitterのフォローボタンなどが表示されている場所)のデザインを変更
  • シェアボタンからグーグルプラスを削除(今後廃止になるサービスのため)
  • シェア数表示のデザインを変更(プラグイン使用時のみ)

ヘッダーメニューとナビについて

これまで、スマホとパソコンとで表示するメニュー(アイコン)や順番を指定できましたが、デザイン性とニーズの観点から、この機能を削除しました。

パソコンでは「タイトル」と「メニュー」が横並びで表示されます。(メニューは設定している場合だけ表示)

スマホでは「タイトル」と「スライドメニューアイコン」が横並びで表示されます。(スライドメニューのアイコンはウィジェットで設定している時だけ表示)

また、ヘッダー下のナビゲーション(メニュー)はスマホ・パソコン共通でしたが、スマホのみ表示するようにしました。

一覧記事のデザインについて

今回、一覧記事の一部デザインを削除しました。

前回の更新記事で少し触れた部分になりますが、CSSの軽量化と、HTML構造の変更予定が主な理由です。

一部のデザイン削除後はデフォルトの表示に戻るので、違う表示にする場合は改めてカスタマイザーでの変更をお願いいたします。

検索ボックスについて

スマホの検索結果ページに検索ボックスを表示していましたが、検索ボックスがページ内で重複してしまう可能性があるので、ウィジェットで表示する仕様にしました。

検索ボックスがページ内に複数あっても特に問題ありませんが、ウィジェットで細かく制御したり場合は邪魔ですし、IDが重複するので厳密にバリデーションチェックをするとエラーになってしまうという事情もあったので、削除しました。

構造を完全なレスポンシブウェブデザイン(RWD)に変更します

これまで、is_mobile関数を使ってPCとモバイルの構造を変えていましたが、今回のアップデートでウィジェット以外のHTMLとCSS部分をすべて共通にしました。(見た目は変化していませんが、内部の構造が変わっています)

次のバージョンでは、ウィジェット部分も含めて完全にレスポンシブなデザインにします。

スポンサーリンク

カテゴリー:テーマ更新情報

シェフ

WordPressテーマ「4536」の開発者。ご要望やご質問があればコメントやフォーラムまでどうぞ。