4536ver20181207公開。Gutenberg関連のアップデートなど

4536のバージョンを20181207にアップデートしました。

主な変更内容は以下の通りです。

  • 動的に読み込んでいたCSSをstyle.cssにまとめて記述するように変更
  • 一部のスタイルを最適化
  • Gutenbergの一部スタイルをAMPページにも反映
  • 特定の環境下でテキストエディタのボタンが消える不具合を修正

12月7日にWordPressのメジャーバージョン「5.0」が正式にリリースされ、Gutenberg(グーテンベルク)がメインのエディターになりました。

(この記事もそのGutenbergエディタで書いています)

上の記事でも説明していますが、古いエディタをそのまま使い続けることもできます。サポートも2021年まであるそうです。

ただ、「慣れ」というだけで古いエディターを使い続けるのもナンセンスだと思うので、特別な理由がなければ普通に新しいエディターを使ってください。

もちろん、4536では古いエディターもサポートしますが、今後は基本的に新しいエディターの拡張がメインになるので、ご理解・ご認識のほどよろしくお願いいたします。

動作確認しておりますが、何か不具合などありましたらフォーラムまでお願いいたします。

Pickup