デザインに流体シェイプを採用した理由とリニューアルの裏話

お知らせ By シェフ

メジャーバージョンである「2.0.0」を先日リリースしました。

既存の4536ユーザーの中には「なんだこれ?」と思った方もいるかもしれません。上の記事でも書きましたがほぼ別のテーマと呼んでいいほどデザインが変わっているので…笑

あと、デザインだけでなく、内部の設定項目なども大幅に変わっています。不要だと思う項目はカットしました。

今回はそこら辺の話も踏まえて、リニューアルの裏話、開発秘話をお届けしたいと思います。

リニューアルのきっかけ

リニューアルのきっかけはいくつかあるんですが、決定打となったのは以下の4536紹介動画です。

ドキドキしながら見ていたんですが、好意的なコメントを多くいただき嬉しかったです。

で、この動画の中で4536をインストールしてサイトに適用する場面があってですね、配信者の方は「シンプルなデザインですね〜」と言っていたんですが、僕は正直「4536のデザイン、ダサくない?」と思いました。

それもそのはずで、デザインよりも機能性を重視していたというか、特に強いこだわりもなく「なんとなく」でデザインしていたからです。

コンテンツが最重要なので、結局は見やすくて使いやすければいいと思っていたんですが、それだと「4536らしさ」「4536のカラー」がないなと。

そこで、今回のリニューアルにおいてはデザイン面を中心に変えようと思いました。

なぜ「流体シェイプ」を採用したのか?

先程の動画を見た当時、実は「Shinobi Works」というポートフォリオサイトを作っていました。

このポートフォリオサイトでアクセントとして使っていたのが流体シェイプで、最初はトレンドなデザインという理由で使っていましたが、デザインしているうちに徐々に流体シェイプの柔らかさに魅了され、アクセントとしてちょろっと使うだけじゃ物足りない、全面的に採用しようと、4536を流体シェイプのWordPressテーマとしてフルリニューアルすることにしました。

リニューアルに込めた思い

先ほど少し触れましたが、今回のリニューアルで最も意識したのは「4536を使う理由」です。

表示の高速化?AMP対応?SEO対策?

確かにどれも4536でできますが、どれも4536を使わなくてもできます。そこに「4536を使う理由」がありません。

これらをプラグインなしでできるのはメリットですが、プラグインは元々WordPressを拡張するためにあるわけなので、あんなプラグインやこんなプラグインを使う必要がありません!だと、「そのテーマ」らしさがないですよね。

そこで僕は4536を再定義することにしました。

僕が4536でしたいことは何か、僕が4536を通して提供したいものは何か…と。

そう考えた時、やっぱり「使いやすさ」は譲れないなと。

なんか4536は使いやすいよね

こう言ってもらえるのが何より嬉しいかなと、そう思いました。

(先述の動画でも、マニュアル画面に言及していただいたんですが、あれは本当に嬉しかったですね!)

そういった理由から、今回のリニューアルでは「こことここの順番を逆にする」とか「AもBもCもDも変更可能」とか、不要だと思う機能をバッサリ消しました。

色も、適当に選んでも「なんか良い感じ」になるようにしました。

「不自由な自由」っていうんでしょうか、多機能であること、細かく設定できることは、開発者のエゴみたいなところもあるので、そういうのは排除しました。

変な話、「多機能」はすぐに実現できます。便利そうな機能を片っぱしから実装していけばいいだけの話なので。探せばいくらでもコードは見つかりますし、便利なライブラリもあるので、難しい話ではありません。

でも、「使いやすさ」は工夫する必要があります。

それに気づかされたのはレンタルサーバーの「コノハウィング」の管理画面に触れている時です。

レンタルサーバーの管理画面なんて頻繁に使うものでもないので使いやすさは必要ないと思うかもしれませんが、Mixhostとかカラフルボックスの管理画面を使った後に使うと感動するレベルで使いやすいんです。

あぁ、なるほど、ただ使いやすいだけでこんなにも違うものなのかと。その時に「使いやすさ」「機能美」にもっともっとこだわることを決意しました。

もちろん、使いやすさは内部だけの話ではなく、実際のサイトデザインにおいても強く意識しました。

トップに戻るボタンをフッター(サイト最下部)に表示してメニューボタンを固定にしたのも、ヘッダーメニューを1つにまとめたのも、一覧記事やブログカードのデザインをカード型にしたのも、「もっと見る」のボタンを表示するようにしたのも、全部そういう理由です。

とにかく、今回のリニューアルではすべてに「意味」を持たせました。

今後の開発方針

4536は商用目的で開発したWordPressテーマではなく、これで儲けようと思っていません。

じゃあ何のために配布しているのかと言うと、何度か書いていますが、「このテーマいいでしょ!使ってみてよ!」って言いたいだけなんですね。

それが4536が無料でダウンロードできる理由です。将来的にどうなるかはわかりませんが(笑)

ですので、今後も「4536はなんか使いやすいよね」と言ってもらえるように開発していこうと思っています。

良いアイディアや、リニューアルに伴う不具合などありましたら、フォーラムまでどうぞ。

今後もWordPressテーマ「4536」をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

カテゴリー:お知らせ

シェフ

WordPressテーマ「4536」の開発者。ご要望やご質問があればコメントやフォーラムまでどうぞ。